トップページ

amatera.co.jp
amatera

200サイト以上あるamazonギフト券買取サイトの中で、トップの知名度を誇り、
取材で芸能人も訪れるほどの信頼性のあるお店です。
業界の中では最も老舗であり「安心」と「実績」を兼ねそろえております。
申込みから入金までのスピードが非常に早いのも
リピーター満足度に繋がっているようです。
2015年から2018年現在にかけて41ヵ月連続1位獲得の業界の中で最も優れた超優良店舗です。

買取本舗
“買取本舗”

買取本舗は、amazonギフト券の他にitunesカード・Googleplayカードも取り扱っており、非常に人気の高いサイトです。
定期的に買取率がUPするキャンペーンも行っているので、それに合わせて申し込みをするといったリピーター客も多いようです。
振込手数料や事務手数料などが一切かからない点、24時間メールはもちろん電話でも問い合わせることができる点などが人気の理由となっているようです。

ギフトチェンジ
“ギフトチェンジ”

高い買取率をキープし続けているのが
ここ「ギフトチェンジ」です。
最近のサイトリニューアルに伴い、申し込む前にサイト上でギフト券の買取査定が
できてしまうといったシステムを組み込んでいるので、いちいち電話やメールで問い合わせるのが負担という方はぜひ覗いてみてください。
お持ちのギフト券の種類と金額を入力するだけで、誰でも簡単に振り込まれる金額が把握できます。

買取ギフトランド
“買取ギフトランド”

年中無休で営業しているのが「買取ギフトランド」の強み。ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行のいずれかの口座を持っていれば15時以降でも対応してもらえるのもありがたいですよね。電話対応ありなので安心感があります。

ホリデーギフトプラン
“ホリデーギフトプラン”

当日プランの他に「アスフリ」という新しいプランを設けており、当日ではなく翌日の振込まで待つことで更に高い利率で買い取ってもらうことが可能です。振込の早さよりも還元率を重視したいという方には大変おすすめしたいサイトです。また、アスフリを利用することによって振込手数料も0円になるというからダブルでお得!

ユニーズ
“ユニーズ”

買取率85%と低めに思いますが、ポイントは「金額に関わらず」という点です。小額の場合提示された利率より大幅に下がるお店が多いので、一律で同じ買取率を提示してくれるお店は親切に思います。日によって変動する心配もないので安定しています。

konozama.co
“konozama.co”

他のお店と異なる点は、完全に新規発行したamazonギフト券しか買い取ってくれないということ。申し込み後、アマゾンにてEメールタイプのギフト券をkonozamaの指定したアドレス宛に直接購入し送るという流れなので、不要なギフト券を売りたいという方には不向きなお店といえます。

安心ギフト
“安心ギフト”

最大買取率95%ということで紹介していますが、あくまで宣伝用ということを理解しておきましょう。また、事実と異なる根拠のない記載が多く見られる為注意が必要です。最低買取金額は1万円〜となっており、小額利用を希望している方の申し込みは受け付けてもらえません。

買取MAX95
“買取MAX95”

最大買取率95%が売り文句となっていますが、実際に95%で還元されることはないと考えてください。多くの場合80%程度の査定となります。振込み速度も早いとは言えない為、上位のお店に比べると利用するメリットが思いつきません。

ギフトザウルス
“ギフトザウルス”

買取率90%とうたっていますが、基本的に90%よりも低い利率になるということを頭に入れておきましょう。また、最近ではトラブルが多く報告され、利用者によっては数日経っても振り込まれないといったケースもあるようですので注意が必要かもしれません。系列店に「アマゾネックス」があります。

【そもそも、Amazonギフト券買取とは?】

 

「Amazonギフト券買取」自体が何か分からない方もいらっしゃると思います。
Amazonギフト券買取を簡単に説明すると、
Amazonで使用できるAmazonギフト券を買取業者に売却するという事です。

キャンペーンやプレゼントで貰ったものや、
自分で購入したAmazonギフト券を簡単に売却でき、
現金化できるという仕組みになっています。

「Amazonで購入したいものがない」
「Amazon以外の商品を購入したい」
「現金がないからクレカ枠を使って現金化したい」

といった方々にとって、とても需要があるのです。

提出は身分証とAmazonギフト券(コード)だけ!

買取業者は、WEB申込か電話をかけて申込をするかのどちらかですが、
断然WEB申込みがオススメです。
WEB申込みの場合は事前に必要な情報をフォームに入力して渡せるため、
電話をするよりスムーズに取引ができるのです。

電話申込みを試みると「ホームページの申込みフォームからお願いします」と言われる場合も
多いので、WEBから手続きをする方が確実と言えます。
提出書類は身分証とAmazonギフト券だけなので、気軽に申込みをすることが出来ます。
申込みが完了すると、確認の電話が入りその後メールでの案内に切り替わります。
身分証とAmazonギフト券の確認が完了すると、
申込み時に記入した銀行口座に買取金額が振り込まれるといった流れになります。

Amazonギフト券買取サイトは次世代のクレジットカード現金化サイト

Amazonギフト券買取サイトが現れる前は、クレジットカードを現金化するのが主流でした。
しかし最近ではクレジットカードを現金化するより、
Amazonギフト券を購入して現金化するという方法がオーソドックスとなっています。

Amazonギフト券現金化とクレジットカード現金化は
「スマホで簡単に申込める」「365日24時間営業」「換金までのスピードが早い」
等の共通のメリットが挙げられますが、換金率には大きな違いがあります。

「クレジットカード 現金化」で検索すると97%以上といった換金率で
現金化が可能というように表記されているサイトも存在しますが、
大半の業者は実際に申込むとそれとは異なる換金率の提示をしてきます。

もしサイトに表記されている買取率が異常に高い場合、
そこから決済手数料や消費税その他諸々を引くといった口実で、
実際70~80%まで買取率が落ちてしまうケースがほとんどなのです。

そのような換金率だと大事なショッピング枠を無駄に使ってしまい、
利用者としては困ってしまいます。
Amazonギフト券買取専門の優良店はだいたい87~92%で買取りをするところが
ほとんどです。
その理由は、買取業者側が負担する振込手数料・人件費などを考えると
上記の利率までが限度だからです。

常識的に考えられない高買取率をうたっているところは
まず裏があると考えたほうがいいでしょう。

利率などは自分で見定める必要がありますが、
現在の現金化事情で、Amazonギフト券の買取が一番現金化に適していると言っても過言ではないでしょう。

他の現金化の方法として、新幹線のチケットや商品券等、換金性の高いものも存在します。
それらを利用してしまうと、「クレジットカードが利用停止になる」可能性が上がってしまいます。
Amazonギフト券の場合はプレゼントの性質が高い為、利用停止になる危険性は低いです。

Eメールタイプが主流!カードタイプ、シートタイプは買取率が下がってしまう可能性!

Amazonギフト券買取サイトで気を付けたいところが、Eメールタイプ以外のAmazonギフト券は買取率が下がってしまうという事です。

クレジットカード現金化と何ら変わらない換金率になってしまいます。

Eメールタイプの場合は買取業者にギフト番号のメールを転送することで手続きが可能ですが、カードタイプやシートタイプだと番号が表記されている部分の写真を撮って送ったり、更には購入時のレシートが必要になったりしてくるのです。
更に近年Amazonギフト券詐欺が流行していた影響で、コンビニにて現金で購入できるカードタイプやシートタイプは買取を行っていないサイトも増えてきています。
クレジットカードで購入する場合は必ず「Eメールタイプ」を購入して買取してもらうようにしましょう。

チャージタイプは買取不可能?

チャージタイプのAmazonギフト券もございます。
チャージタイプはAmazonギフト券にあるコードを入力が不要で、支払いが完了するとアカウントにチャージしてくれるという種類のAmazonギフト券です。

チャージタイプのAmazonギフト券には、コードが存在しない為、基本的にどの業者もチャージタイプのギフト券は買取は行っていません。
しかし、「Amazonギフト券の残高があるアカウントを買取」している業者も存在します。

そのような業者を使えばチャージタイプや、アカウントにチャージされているAmazonギフト券の買取をして貰う事は可能ではありますが、アカウントを買取して貰うのは個人情報の観点からして、とても危険を伴います。
アカウントごと買取して貰うのは辞めておいたほうが間違いなく良いでしょう。

ここだけは抑えよう!Amazonギフト券買取サイトの選び方

Amazonギフト券を売る為には買取サイトを選ぶ事から始まります。

もちろん上にあるランキングトップ3の買取業者がオススメですが、どのような所に注意して選ぶと良いのでしょうか?

買取率

まず大事なのが買取率です。

Amazonギフト券の買取率はクレジットカードの現金化の換金率よりも大幅に上がります。
Amazonギフト券の買取を行っている業者は非常に多く、どの業者も価格競争の為基本的に高めの買取率を誇っており、優良業者のAmazonギフト券の買取率は85~92%が平均的な数値となっています。

注意したい事は、2回目以降の利用は買取率が下がってしまうというところです。

基本的にどのAmazonギフト券買取業者もそうで、4%~5%は買取率が下がってしまいます。

初回利用の場合は出来る限り、高額な依頼をしたほうがお得になりますね。
業者を乗り換えればまた高い買取率で売ることができますが、「一度使用して優良業者だった」という安心は消えてしまうかもしれません。

Amazonギフト券買取サイトで高額な買取率を表記している場合には注意が必要です。

95%位の買取率をトップページ等で謳っている買取サイトはいくつか今も存在しますが、誇大表記が大半で、実際に電話でお問合せしたら大幅に買取率を下げられたり訳の分からない手数料を取られたりして最終的に80%くらいになる可能性があるので注意してください。

さらにそのように誇大表記している業者は、詐欺業者の可能性がグンと高くなります。
実際に93%~98%と表記して詐欺をしていたという業者がたくさん居ました。
全盛期より今はだいぶ落ち着いていますが、まだ存在するのも事実です。
詐欺業者はGoogleのリスティング広告に掲載して潜んでいる事があります。十分ご注意ください。

優良業者は日々買取率の相場が変わってきます。ずっと一定の買取率を表示している業者も注意が必要ですね。
1%~2%の誤差がある場合もありますので、優良業者には確認するようにしましょう。

営業時間

営業時間は基本的に24時間対応の買取サイトが多いように見えます。

年末年始も営業で24時間営業のAmazonギフト券買取業者は基本的には優良業者です。

しかし中には、24時間営業と表記していますが対応しないという業者も存在します。
24時間を謳っていて対応しない業者を使うのはやめておいたほうが吉かと思われます。

夜しかお申込みする事が出来ない方にとっては、24時間営業の買取業者は非常に重宝します。

いつでもお申込みできますし、分からない事があっても24時間フルサポートしてくれるのは有難いですね。

振り込み時間やスピード

振込日時は予め確認しておくことが重要です。

一般銀行は基本的に15時で窓口が閉まってしまう為、振込先を一般銀行指定した場合、手続きの時間によっては当日に振り込んでもらえないことがあります。
ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行・ソニー銀行
などの口座を所持していれば15時以降、また土日祝日も振り込んでもらえるケースが多いです。
しかしこれは買取業者も同じ口座を持っていることが必須になります。
「申し込んですぐに振り込んで欲しかったのに…」と思ってしまわないよう、買取業者に必ず確認するようにしましょう。

更にネットバンキングでしたら、365日24時間対応しているところもあるので、即時振り込まれる事もあります。

Amazonギフト券買取詐欺業者の手口や見極め方

クレジットカードの現金化やAmazonギフト券の現金化等、ネットで取引をするものは、悪質な詐欺業者が参入する確率が高い業界となっています。
顔も出すことは無いし、メールや電話だけのやり取り等で足がつきにくいという理由があります。
Amazonギフト券の詐欺は近年大流行しており、逮捕者も出ているくらいです。
平均90%前後の買取率のAmazonギフト券ですが、詐欺業者は換金率が非常に低くなります。
例を挙げると「95%と表記されているのに、25%で買取られた」「ギフト券コードを送ってから音信不通」「まったく振り込まれなかった」等
嘘かと思うかもしれませんが、これらは実際にあった事例なのです。

詐欺業者に引っかからない為に、どのように見極めたらいいのでしょうか?

誇大表記に注意

高すぎる買取率は詐欺の可能性がかなり大きくなります。
他のサイトに流れないよう、高買取率をトップページに大きく表記して足止めをしているのです。
もちろん高い買取率で売りたいのは分かりますが、優良業者の平均的な買取率は90%前後となっています。
「97%だからここに売ろう!」なんて思ってしまったら詐欺業者の思う壺です。

利用規約を必ず見る

利用規約は必ず見るようにしてください。利用規約は見る人が少なく、現金化する経験が少ない方は目を通さないところでもあります。
しかし詐欺業者は「文句を言われたとしても利用規約で正当化」する為、手口を利用規約に書いています。
実際にあった利用規約の例には
「最高買取率でのご案内は、ご利用が5回目以降のお客様が対象となります。それ以外のお客様へは、基本買取率15%でのご提供となります。」
という案内が書かれていたのです。平均90%前後のAmazonギフト券が15%で買取されるなんてありえません。更に悪徳な業者はこのような事を書いたうえ、振り込みさえしない可能性もあります。

会社概要を見る

詐欺業者は在りもしない住所や、実際に存在はするけど適当なビルを記載しています。
詐欺グループご用達のレンタルオフィスの住所だったりという事もあるみたいですね。
レンタルオフィス=悪徳業者という事ではありませんが、注意が必要です。
今ではGoogleでどんな建物か分かったりしますし、国税庁の法人番号公表サイトで会社名を入力すると、存在するかどうか確認できます。http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

連絡方法がメールのみ、もしくは携帯番号のみ

個人で詐欺をしているサイトにありがちです。
Amazonギフト券買取業者で上位に表示されるサイトは固定電話のところだけです。
メールのみや携帯番号の場合は注意ましょう

以上のような詐欺サイトは閉鎖しても新たなサイトを作って戻ってきます。
ネット上で叩かれるまで荒稼ぎし、閉鎖し、また新たなサイトを作る流れです。
買取サイトは隅々までよく見るようにしょう!利用規約や会社概要を見る手間を惜しむと、詐欺に引っかかる可能性が高くなります。

架空請求にも注意

Amazonギフト券を単純にだまし取る詐欺もあります。
「アダルトサイトの利用料が未払いなのでAmazonギフト券でお支払ください」といった口実で騙し取る架空請求も増えています。
身に覚えのないサイトからの謎の請求メール、電話は無視するようにしましょう。

街にある金券ショップがAmazonギフト券の買取を行っていない理由

街にある金券ショップ、大手で言うと大黒屋等ではAmazonギフト券の取り扱いがありません。理由として挙げられるのは

・Amazonギフト券には有効期限があるため
・登録済みのギフト券か判断できないため
・電子マネーの法律が無いため
等があります。

Amazonギフト券には有効期限があるため

2017年までAmazonギフト券の有効期限は1~3年でした。現在の有効期限は10年に伸びています。
しかしそれでも期限以内に売れなかったらショップの丸損になってしますので買取をしていません。

登録済みのギフト券か判断できないため

その場で査定をして買取をしている実店舗ではこの問題が難しく、買取を行っていません。
一度コードを登録するとそのアカウントに登録されてしまい、他のアカウントに登録しなおすという事が出来ないので「登録済みか確認」という事ができないのです。

電子マネーの法律が無いため

電子マネーの売買に関する法律は今のところはありません。
その為、店舗で電子マネーを扱う事が違法か合法かというのは微妙なラインの為買取をしていません。
小さな金券ショップだったら扱えるでしょうが、大黒屋クラスの買取業者は法律的にグレーゾーンな電子マネーは扱えないのですね。
最悪のケースで、買取をしていたけど突然電子マネーの売買を禁止する法律が出来たという事がもしあれば、抱えている在庫は売ることができなくなってしまいます。

 

ごく稀に買取を行っている金券ショップもありますが、買取率はネット上の業者より下がってしまうので、高く売りたい方には向いていません。

店頭で売るメリットとしては
■詐欺に合わない
ネット上の取引だと詐欺に遭うのではないかと不安になってしまいますが、実際に街で営業している店頭で直接取引ができるので、詐欺に遭う心配がありません。
■現金がその場ですぐゲットできる
その場ですぐに現金を受け取れるのは魅力です。もし提示された金額が安ければ「やっぱり売るのをやめる」ことも可能です。
銀行に振り込まれずに直接現金をゲットできるので、手数料が掛かったりするという事はありません。

このように店頭で売るメリットはありますが、やはり買取率やAmazonギフト券を取り扱っている店舗の少なさを考えると、ネット上の優良業者を使用するのは間違いありません。

クレジットカードの多様には気を付ける

Amazonギフト券買取してもらう上で、もっとも注意しなければならないのが「クレジットカードで現金化した事がクレジットカード会社にバレてしまう」事です。
もしクレジットカード会社にショッピング枠を使い現金化を行った事がバレてしまうと、最悪の場合利用停止・契約解除・ブラックリスト
といったリスクを伴ってしまいます。
Amazonギフト券を購入して買取して貰っている方は、クレジットカード停止にならない為にはどうすれば良いのか予習をしておく必要がありますね。

新規発行したクレジットカードを利用しない

新規発行したクレジットカードで高額の買い物をすると、不正利用を疑われ停止される可能性があります。
更に支払いをしてきたという実績も無いため、新規発行したクレジットカードでAmazonギフト券を大量購入した場合にはクレジットカード会社もAmazon側も「ん…?」と疑いを持ってしまいます。
近年AmazonでもAmazonギフト券現金化というものに敏感になっており、そのカードがAmazonで使えなくなる可能性があります。

キャッシング枠を限度額まで利用しない

キャッシング枠を限度額まで利用してしまうと、クレジットカードではもう現金が直接手に入る事はありません。
しかしショッピング枠でAmazonギフト券を買う事によって現金化できていまいますよね。
その為、キャッシング枠を限度額まで利用した状態で、ショッピング枠を使って換金性の高いものを購入した方はクレジットカードの停止をされる可能性が大いに高まります。

高額な購入をしない

EメールタイプのAmazonギフト券はAmazonにて最大50万円の購入が可能です。
ですが50万円ともなると高額なので契約しているクレジットカード会社から連絡がくる可能性があります。
或いは不正利用をされているのでは?とクレジットカード会社の人は思い、利用停止されるという事になります。
一度に高額なAmazonギフト券を購入するという事はやめておきましょう。

Amazonギフト券は「プレゼントとして利用」したり「自分でAmazonで使う分に使用」したりと、用途は幅広く現金化目的での利用を疑われる事はほとんどない商品です。
ですがAmazonギフト券買取サイトの普及等で非常にシビアになっているという事実を知っておく事が大事ですね。

Amazonギフト券の現金化はクレジットカード現金化業者とは違い、数千円といった少額の換金にも対応していて非常に利用し易くなっています。
が、結局はクレジットカードのショッピング枠を利用したものであり、もちろん2ヵ月後にはカード会社から請求がきます。
Amazonギフト券を売って現金は手に入りますが、返済をしなければならないという事を忘れないでおきましょう。Amazonギフト券買取サイトは計画的に利用しましょう。